不二精機株式会社
「スポットCM」
導入事例

テレビCM初挑戦
新規顧客層開拓実現

食品製造機器メーカー/不二精機株式会社
営業管理本部 東京営業所 副所長
猪口 泰輔様

導入の背景

コロナ禍により展示会出展が縮小したことがテレビCM導入のきっかけに

導入の決め手

展示会ではリーチできない「新規顧客層の認知獲得」

導入後の効果

「インターネット検索数の大幅な増加」「営業現場でのお客様の安心感」を実感

おにぎり自動成型機市場で全国シェア8割強を誇る日本トップの食品製造機器メーカー

  御社の事業内容について教えてください。

 当社は、おにぎりやお寿司の自動成型機、ごはん盛りつけ機、製麺機など、食にかかわる機械を開発・製造し、販売・アフターメンテナンスまでトータルで提供している会社です。おいしい食品を効率的につくれる機械を開発するとともに、省力化や自動化などの付加価値を創造できるシステムの提案を心掛けています。
 
 もともとは福岡県の和菓子製造メーカーとして設立されました。全国の和菓子業界向けに「饅頭・おはぎ」の自動成形機(包あん機)を製造していたところ、「この技術を活かして、おにぎりもつくれないだろうか」というお声をいただき、日本で最初のおにぎり自動成形機を誕生させました。
 
 その後、大手コンビニエンスストア様が見学にきてくださったことをきっかけに全国に拡大していきました。おかげさまで今ではおにぎり自動成型機市場で8割強のトップシェアをいただいており、全国のコンビニエンスストアやスーパーには当社の機械で製造したおにぎりが並んでいます。
新製品「XYZおにぎり整列段積み機」
1時間に3,300個のおにぎりを製造する
-

コロナ禍で高まる衛生意識にスピード対応した「飯盛り達人3」

テレビで紹介されている商品について教えてください。


 「飯盛り達人3」という商品です。

 「飯盛り達人3」は、ごはんの保温機能と盛りつけ機能をセットにした機械です。炊きあがったご飯を最大で10kgストックでき、全面遠赤ヒーターでほかほかに保温することができます。独自のホグシローラーと計量器により、ふっくらとしたご飯を正確な重量ですばやく盛りつけられます。

 また非接触で盛りつけ可能な「さわりまセンサー」、容器をおくだけで設定した量を盛りつけられる「盛付けナビ」など、お客様の要望に応えるオプションを数多く取りそろえています。

 「さわりまセンサー」は、コロナ禍で高まった衛生意識に対応するため、3か月間の開発期間を経て昨年10月に搭載した新機能です。
 開発のきっかけはお客様の声でした。昨年、全国チェーンの飲食店様に「飯盛り達人3」の初号機を導入していただいたところ、「せっかくならごはんを盛るためのスイッチも非接触だったらいいのに」というお客様の声が寄せられました。
 このお声になんとかおこたえできないだろうか、という思いから、すぐに社長決裁をとりつけ開発に入りました。飲食店だけではなく、ホテルのブッフェや社員食堂でも導入いただけるようになりました。

 「飯盛り達人3」の基本コンセプトに加え、コロナ禍に対応した機械という点が高く評価され、「第33回中小企業優秀新技術・新製品賞」の優秀賞をいただくことができました。

ご飯盛付ロボット「飯盛り達人3」

テレビCM実施の決め手 は「テレビメディアの反響の大きさ」と「新規顧客層の開拓」

今回テレビCMを実施された決め手は何だったのでしょうか? 


 コロナ禍の前までは、年に十数回、展示会に出展していました。そこで新製品を発表したり機械の実演をしたりすることでお客様にPRできていました。しかしコロナ禍の影響で多くの展示会が縮小・延期・中止となったことをきっかけに、他のPR施策を検討しなければならなくなりました。

 当社では過去に何回か、地方のテレビ局に取材をしていただく機会がありました。放送後の反響は大きく、テレビの強い影響力を実感していました。そして「いつかはテレビCMを出してみたい」という経営者の思いもありテレビCMを実施することになりました。

 また当社は、大型のおにぎり自動成形機のお客様からはご指名をいただけるほどの事業規模となっておりますが、小型機種を利用されるような外食産業のお客様に提案する機会はあまり多くありませんでした。
 テレビならそのような新しい顧客層にも製品情報をお届けできるのではないか、と考えたこともテレビCMを選んだ理由の一つです。

「おいしさ」と「機能性」の両立をこだわりの映像で実現

テレビCMの制作にあたり、意識した点や工夫されたポイントを教えてください。


 今回フジテレビさんにCM制作をお願いしました。はじめてのテレビCMだったため不安がありましたが、CM制作の流れや段取りについて事こまかに教えていただけたのでとてもスムーズでした。

 また「飯盛り達人3」の撮影方法について、とてもたくさんのご提案をいただけたこともありがたかったです。清潔感や機能性など、当社が強調したいポイントもしっかり盛りこんでくださり、視聴者に伝わりやすい映像になりました。
  
 CM撮影でこだわったポイントは「ご飯がきれいに盛り付けられるようにする」ということ。またご飯がおいしく見えるような湯気の上がり方にもこだわりました。撮影に使用したお米は、丸一日かけて社内テストをおこない、ベストな銘柄や水分量を何パターンも検証しました。

 スタジオ照明の当て方にもこだわりました。「飯盛り達人3で盛りつけたご飯をたべてみたい」と思っていただけるよう、何度も撮影しなおしてくださいました。

 また今回のCM映像は2次利用を前提として制作しましたので、タレントさんの出演シーンはなく、ご飯をはこんだり、さわりまセンサーに手をかざしたりするシーンも当社社員の出演で撮影しました。
 テレビCMを見てホームページに来訪される視聴者は、サイト内の製品情報をご覧になった後にもう一度CMをご覧になる方が多く、2次利用できる映像にしたことの効果を強く感じています。

 CMのラストシーンには、「くわしくは飯盛り達人で検索」という表現を入れました。テキストだけではなくナレーションも加えたことで、たくさんのホームぺージ来訪につながったのではないか、と考えています。

 さらにこの6月、60秒のインフォマーシャルCMも制作していただきました。インフォマーシャルでは視聴者の方に「飯盛り達人3」で盛りつけたご飯の美味しさやふっくら感、ほかほかの盛付温度が伝わることを意識しました。CMに出演いただいた前園真聖さんに「おいしい!」というコメントをいただけるよう、事前にお米屋さんに相談して、味、色つやも良い佐渡島産のコシヒカリを使用しました。

飯盛り達人3|15秒スポットCM

飯盛り達人3|60秒インフォマーシャル

スポットCMで「インターネット検索数の大幅な増加」と「営業現場でのお客様の安心感」を実感

テレビCMの放送後、どのような成果が上がりましたか?


 テレビCMの開始直後からインターネット検索数が大きく伸びました。

 BtoB商材を扱う当社は一般の方に知られている会社ではないため、これまでホームページのアクセス数もそれほど多くはありませんでした。
 今回はじめてCMを開始したところ、アクセス数が急激に増えて一時的にアクセスがしづらい状況になりました。テレビCMによる反響の大きさと速さにとても驚きました。
 
 ホームページのアクセス数に関しては、時間帯や曜日ごとに効果が高いCM枠を分析することで、さらに増やすことができました。特に効果が高かったのは、金曜日や土曜日、夕方のニュース番組などです。経営者層にしっかりCMが届いたことが検索につながったのではないかと考えています。お問い合わせいただく件数も増え、テレビCMの効果を実感しています。

 もう一つ実感した効果があります。

 私は東京エリアの営業を担当しておりますので、お客様のお店に製品をお持ちしてデモンストレーションをする機会がございます。これまではお客様が初めて目にされる機械なのでイチからご説明させていただくのですが、テレビCMをスタートしてからは、かなりの確率で「これテレビで見た機械だ」とおっしゃっていただけるようになりました。
 
 お客様のなかに一人でもそうおっしゃってくださる方がいるとその場が盛り上がります。またテレビCMで放送されている製品ということで、安心してデモンストレーションをご覧いただけるようになりました。営業担当としてはとてもやりやすくなりました。

 またこれまではスポーツ業界にはほとんど販売できていませんでした。テレビCMをご覧になった浦和レッズのマネージャーさんから「コロナ対策にとてもいい」というご連絡をいただき、パートナーシップ契約を1年間結ばせていただくなど新しい顧客層の開拓につながりました。

 さらに6月に愛知県で開催されたFOOMAJAPAN国際食品工業展にあわせて、「FOOMAJAPANに出展中」というテレビCMを放送しました。当日はテレビCMを見て来場されたお客様が多く、展示会への送客効果も確認できました。

テレビCMの開始直後から
インターネット検索数が大幅に増加
テレビCMによって得られたお客様の安心感

「手で盛るよりも衛生的かつ正確においしく盛り付けできること」を世間の常識にしていきたい

今後のマーケティング目標をお聞かせください。


テレビCMを見てお問い合わせいただいたお客様から「こんな機械があったんだ!知らなかった!」というご意見をいただくことはまだまだあります。
 ですので、これからもテレビCMを活用し、ご飯の盛り付けといえば「不二精機の飯盛り達人3」、「手で盛るよりも衛生的でご飯の重量も正確で美味しく盛れる」ということを世間の常識にしていくことが目標です。

 また人件費削減を目的とした飲食店のセルフサービス化は、外食産業に加えてホテルのブッフェや社員食堂の現場でも増えてきており、ご飯を機械盛りに切り替えるお客様の需要は今後ますます増えていくと考えています。
 そのようなお客様に向けてテレビCMを届けることで新規のお問い合わせ件数を増やしていくことも目標です。
 
 さらに企業のお客様だけではなく、飲食店やホテルを利用される生活者のみなさまにも「飯盛り達人3」の使い方が浸透していけば、と考えています。
 
 当社では他にも、ヌードルマシン、パスタマシン等100機種以上の製品を手がけています。そちらの製品もテレビCMを活用してPRしていきたいと考えています。
 
 展示会も再開しています。展示会の開催地を重点的に絞り、テレビCMによる送客で相乗効果を狙っていきたいです。


ご飯の盛り付けと言えば
「不二精機の飯盛り達人3」
を世間の常識に

番組を選べるタイムCMや、企業CMのインナーマーケティング効果、採用活動への波及効果に期待

今後トライしてみたいCMプランや活用方法をお聞かせください。

  現在スポットCMを中心に展開していますが、今後は料理番組、グルメ旅行番組など、食に関わる番組に提供するタイムCMのプランも検討してみたいと思っています。

 また「不二精機が食品機械メーカーである」ということを広く知っていただけるよう、企業CMを全国放送することにもチャレンジできればと考えています。

 全国エリアで企業CMを放送することで、全国にいる社員やそのご家族、関係者の皆様へのメッセージにもなると思います。また学生の皆様に企業名や事業内容を知っていただくことで、採用活動への波及効果も期待できると考えています。

■テレビCMがお役に立てたことを実感でき、とても励みになりました!これからも不二精機様のマーケティング活動をご支援できるよう努めてまいります。

インフォマーシャルで
「飯盛り達人3」の進化を語る猪口様


\10分で分かる!CMスタートガイド /

テレビCM・インターネットCMをお考えなら まずはフジテレビ for Businessにご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
「10分でわかる!CMスタートガイド」を
こちらからダウンロードできます