インターネットCM

特定のターゲットへ効果的なリーチを実現

フジテレビ for Businessでは、フジテレビが運営する「FOD」、
民放公式テレビポータル「TVer」、「GYAO!」などの
インターネット動画配信サービスにCMを配信することができます。

テレビの視聴時間が少ないローテレ層に対するリーチを補完できるだけでなく、
特定の属性やエリアのみに絞ったターゲティングなど、
テレビCMよりもさらに綿密な広告アプローチを実現します。

インターネットCMの
主なメニュー

イメージ:ドラマ限定配信
フジテレビが配信するドラマ、アニメ、バラエティの3つの番組ジャンルの中から、ドラマのみを対象にCMを配信します。
特に女性層ユーザーへのリーチが期待できるインターネットCMメニューです。
イメージ:クリッカブル
ユーザーがCMをクリック(タップ)することで、
事前にご指定いただいたサイトに誘導できます。
イメージ:属性ターゲティング
インターネット動画配信サービスを視聴するユーザーを属性で振り分け、特定の属性のみを対象にCMを配信できます。
性別や年齢はもちろん、結婚歴や子どもの有無、職業、所得、運転免許証や自家用車の有無などで絞り込み、ターゲットにピンポイントでアプローチできます。
イメージ:エリアターゲティング
全国47都道府県のうち、特定のエリアに絞ったインターネットCM配信が可能です。
さらに、7桁の郵便番号を指定することで、より細かいターゲティングを実現します。

インターネットCM 
5つのメリット

イメージ:女性ユーザーへの訴求

女性ユーザーへの訴求に効果を発揮

一般的に男性ユーザーが多いといわれているVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスの中で、フジテレビが運営する「FOD」は圧倒的に女性の利用者が多いメディアです。
イメージ:高いCM完全視聴率

高いCM完全視聴率

「FOD」は動画を専念視聴するユーザーが多く、またテレビ放送と同じ最適なCMフォーマットでインターネットCMが配信されることから、15秒CMで94%、30秒CMでも92%という高い完全視聴率(※)を誇ります。
長尺のCM映像でユーザーへ積極的に訴求できます。
※データ元:FODアドサーバログ(FOD見逃し配信で配信された純広CMのみ抽出)
イメージ:テレビ、スマートフォン、タブレット

テレビとセットで認知度をアップ

「FOD」が誇る高いCM完全視聴率が、貴社のサービスや商品の認知度を高めます。
さらに、テレビCMとあわせて展開することで、さらなる認知獲得(※)が期待できます。
※テレビのみ=64.3%、インターネットのみ=60.2%、テレビ×インターネット=77.8%(WEBアンケート調査2,299件の平均値、2015年・2016年・2017年)
イメージ:精度の高いターゲティング

精度の高いターゲティング

属性ターゲティングやエリアターゲティングに活用しているユーザーの情報は、アンケートによりユーザーから直接収集しています。
そのため、正確性の高いターゲティング広告の配信が可能です。
イメージ:ブランドリフト調査

充実したCM配信レポート

インプレッション数やユニークブラウザ数といった基本情報から、属性別フリークエンシー、地域別配信結果まで、インターネットCMならではの充実した配信レポートをお届けいたします。
さらに、認知度や好意度、利用(購入)意向度の変化を可視化するブランドリフト調査(※)も実施可能です。
この調査結果が、CMによるプロモーションを経て、引き続きPDCAを回していくための重要な情報源となります。
※ブランドリフト調査は、一定金額出稿時のみの実施となります。

テレビCM・インターネットCMをお考えなら まずはフジテレビ for Businessにご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
「10分でわかる!CMスタートガイド」を
こちらからダウンロードできます